TREE OF SAVIOR クローズドβテスト参加してみた

tree_of_savior_title.jpg

(´・ω・`) はい、こんばんは

本日は、TREE OF SAVIOR のクローズドβテストに参加してきました

クローズドといっても、最後の4日間だけは誰でもアクセスできました

さて、まず印象ですが…




はじめるまでが面倒!!( ゚д゚ )



なんか、ワンタイムパスワードが必須です(NEXONさんだから)



FF14でもワンタイムパスワードはあったので、どういうものかは知っていたし、

設定にそんなに苦労はしなかったけど、ちょっと試食したい程度なのだから、

もっと簡単に遊ばせてほしかった気もする(´・ω・`)



さて、次にゲームの印象ですね



印象としては…



うん、こっちが本当のラグナロクオンライン2!!



そんな印象でした

BGM素敵!!

グラフィック綺麗!!

NPCのボイスがなかったのはちょっと残念でした…

あと、システム部分ではちょっとやっつけ感のあるHUD

FPSは60出ていて、そんなに通信もしてなそうな部分でのカクツキなどは目立ちました

あとは、何度かティアリングが発生し画面が乱れるのもちょっと心配でした

なんとなくシステム部分がまだだいぶ不安定な印象を受けました


焚き火の近くで休憩するシステムや、テントを構築したり、料理を作ったり、

そういった冒険感を煽る演出はとても素敵です!



正直、こういったMMOの方向性は好きですし、日本ではこういったゲームは

もう作れない気がしています(´・ω・`)スマホゲーばっかりだし…




てことで、全体的にはかなり好印象でした

おそらく、ラグナロクオンラインテイルズウィーバーとかを楽しめた世代なら、

問題なく楽しめるような気がしています(´・ω・)b

あと、クラスも非常にたくさんあって、悩みがいがありますw




ま、サービスが開始されたら、たぶんまったりやると思います(´Д`)


いくつかリンクをご紹介して終わろうと思いますよ


■公式サイト
 http://tos.nexon.co.jp/

■公式プロモーションビデオ
 https://www.youtube.com/watch?v=tVoauUpM0DM

■公式スキル紹介サイト
 https://www.youtube.com/watch?v=Nwa_eZ-kH8A

■公式クラス紹介
 http://tos.nexon.co.jp/tester/gameguide/class/
 それぞれのクラスを押すと動画付きで紹介してくれます!便利!
 クロノマンサー時魔導師とかヤベーなにこれカッコイイ(´・ω・`)
 皆さんも是非妄想して頂ければと思いますw
 

また次回プレイしたら、感想を書こうと思います!


おわり

PageTop

Bloodborne

bb_000.png

はい、こんばんは(´・ω・`)ノ 今回はPS4のブラッドボーンをレビューしていきます



結論。



おもろいwww



まぁ、アクションゲームが好きな人には、間違いないオススメの1品ですね。



ダクソシリーズなどをやってきたプレイヤー達からすると、避けて通ることの出来ない作品です。


で、何がおもろいん?


「強い敵にぶっ殺されながら序所に相手の動きが見えてきて、
何度も戦ってるうちに自分のアクションもうまくなってきて、
強敵との刹那の戦いを制した時の達成感を味わうのがおもろいw」



簡単にいうと、


アクション脳汁ぶっぱして、タッハー(´∀`;) ってするのがおもろいってことねw




ふーん。。。で、どんなゲームなん?



bb_001.jpg
↑こんなんとガチでアクションしながら戦うゲーム



とにかく難しい。



生半可な意気込みだと、たぶん詰む



というのも、アクションゲームなんではあるが、成長要素がある



つまり、ヘタクソな人でもレベルをあげればいいんですよ!



じゃぁ詰まないじゃん(´・ω・`)



私も最初そう思っている時期がありました。



実は、



何かしらのボスに会って、そこで死ぬまでレベルをあげることが出来ません!!



ああ、そうなんだ。じゃぁ1面のボスまでいけばいいんだよね(´・ω・`)



まぁそうなんだけど…



bb_002.jpg
↑1面からこんなのがウヨウヨというか、ウジャウジャいてマジで殺しに来る



そう。



大事なのは。



挫けない強い心!!



それを持っていれば、最初のボスまでたどり着いて、無事レベルがあげれるようになるでしょう!



ちなみに、ホラーテイストになっているので、ホラーが超苦手な人には、あまりオススメしません(´・ω・`)



得意ではない…程度なら、オススメできますw



ちなみに、



普通にいけば、最初に出会うボスは、


bb_003.jpg
↑この獣



ほとんどの人が、デカイ犬デカイ獣人においかけられまわされ、



満身創痍の状態で、いきなり出てくるコイツ




まじで絶望します(´・ω・`)



順当にいけば、その次に会うのは、



bb_004.jpg
↑この人…




怖い顔してますね!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



でも大丈夫。



私は、このガスコイン神父と戦ってた辺りが、一番おもしろかったww




もうね、脳汁全開ブッパでタッハーーーー!!!(´∀`;;;)




最高におもろかったですw




まぁ、また強くてねこの人。もう少し!って時に、さらに絶望を味合わせてくるからもうねww




超強い敵、ホラーテイストの恐怖。




徐々に疲労がたまってきます。



でも大丈夫



ぼくたちには彼女がいる!



bb_006.jpg


いや、なんかコエエエエエエエ!!!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル




と、思うでしょう。




でも、なんかホットするんですw



やればワカリマス(´・ω・`)



エモーションしたら、反応してくるんです(´・ω・`)



(´・ω・`)b



bb_009.jpg
↑レベル上げてもらい中




(´・ω・`)b




さて、次は少しシステムのカッコイイなと思うところを紹介



bb_005.jpg


こんな感じ(´・ω・`)



実は、メイン武器を変形させることができます!!



その変形の際のモーションとSEがとてもカッコイイww



間違いなく男の子なら好きな演出ですよね(´・ω・`)b



変形する意図としては、リーチを短くしてスキなく攻撃したり、ここは少しスキが多くなるがリーチを長くして大振りで一気に!!みたいなゲーム性を演出してくれる変形システム


いいですね!


そしてこちら、


bb_007.jpg


銃!!( ゚д゚ )



サブウェポンとして、銃をもてます。



つまり、メイン武器としてノコギリや斧を持ち、もう片方の手には銃を持つ。このスタイルが、ブラッドボーンの戦闘スタイルになります。



なお、銃は、ダクソシリーズでいうところのパリィを発動するのに使います。



要するに、相手の攻撃にあわせて銃を撃つと、相手がダウンするので、



そのスキに内臓攻撃をぶちこんで、タッハ-(´∀`)wwww



ってなわけですなw



さてさて、



まぁ、そんな感じですww



他にもおもしろい要素はふんだんにありますが、すべてをここで紹介するのは難しいので、



ひとまず、最初に自分が印象的だった部分を、ざっと書きました。



とにかくアクションゲームが好きな人にはオススメですw



発売当初は、ロード時間が長いのが非常にネックでしたが、その後パッチで解消されたも聞いているので、


今では快適に遊べるのではないでしょうか(テキトー)




まぁ、そんなこんなで、興味でた人は是非やってみてください(´・ω・`)ノ



おわり!


bb_008.jpg



…ぁ、そうだ。ちょっと脱線しますが。



このゲームはクトゥルフ神話がベースになっているとかいないとか、



最近、クトゥルフ神話のこと調べてたら、こんな動画を見つけました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26000801


結構おもろい動画でしたw



(´・ω・`)ノ では

PageTop

黒い砂漠、はやくもゲームクリア…?

black_desert_001.png



(´・ω・`)ノ はい、皆さんお久しぶりです。ヒロラヒアです。


さて、久々のブログ更新ですね。


本日とりあげるのは、「黒い砂漠」


以前から注目していたゲームだけに期待が高まります。


まず、結論から申し上げると…


「もう辞めました(´・ω・`)」


いや、、まぁ、、なんだろう。きっとがんばればこの先におもしろさがあるんだろうけど、


そこまで続ける元気がなかった…(´・ω・`)


black_desert_0012.jpg
はい、こんな感じのキャラクターですね( ゚д゚ )


なんとなく魔法が使いたかったんですが、どうもロールと性別がセットになっていて、


魔法使いの男とかが作れない仕様なようです。


つまり、いつも私が作っていた、アラゴルン風のムサイおっさんには、魔法使いではなれないようです(´・ω・`)


今思えば、それがモチベーションに影響したのかもと思ったりします('A`)


さて、黒い砂漠ですが、非常にキャラメイクは優秀!!


巷では、キャラメイク職人なんかも沸いて、それなりに盛り上がってるようですな(´・ω・`)
http://matome.naver.jp/odai/2143133137964003701


ネタとしては非常に優秀w


次に、


私が黒い砂漠を続けれなかった一番の理由…



black_desert_0013.jpg
↑コレです


うん('A`)…



なんか…ほら…


画面に情報が多すぎて… ウワー!! ってなるwww


まぁ、意味わからん人もいると思うし、意味わかる人もいると思うが、



情報が多いクセに、フォントが読みづらくてショウガナイ



これが、おそらく一番続けれなかった理由(´・ω・`)



まぁ、日本ローカライズだからある程度しょうがないよね…とは思う



次、



black_desert_0014.jpg


「…あの眩い光がそう、…伝説の約束の地だ…」






いいえ、違います(´・ω・`)



あれは、これから会いに行くNPCのおっさんのいる場所です(´・ω・`)



まぁ、もうずいぶん昔から、いわゆる量産型MMOでこれでもか!ってほど見てきた、



クエストナビゲーションの完成系だと思います。



この広い?世界のことを何もしらなくても、全自動でクエスト対象までたどり着けます!


まぁ、っちゃだよ?


でもさ、


おもしろくないwww



まぁ、そもそもクエストを受けて報告してって流れが既に受け付けない人って結構いると思う。



実際私もそうだし(´・ω・`)オナカイッパイ



次、


black_desert_0015.jpg
どうでもいいようだけど、スゲーイラっとした瞬間↑



昔、アサシンクリードというゲームが発表されたとき、



群集をかきわけるシステムを見て、ずいぶんと興奮したのを覚えています(´・ω・`)



いや、それとコレとは全然別ものですがね!



前述した、目的地まで全自動で走ってたわけですが、




全自動なのだから、ある程度決められたコースを通って動くわけですよ。



しかも、他のNPCやプレイヤーといちいちぶつかる処理が発動する



さらにさらに!どうも、貿易?だと思うんだけど、ユーザーが雇ったNPCが、わんさか街道を歩いてる。



はい、何が起こるかというと…(´・ω・`)もうわかりましたよね。



うーん…これはマジでイライラした仕様でした。



black_desert_0016.jpg
↑戦闘シーンです



まぁ、迫力があってカッコイイですね



ただ、操作が少々難しくて、慣れるのにある程度時間が必要そうでした(´・ω・`)



ここにあげた、細かいことの積み重ねで、だんだんやる気が失せてきて、



もうログインしなくなりました(´・ω・`)



他のブログの記事とか見てると、貿易とか、イカダを作って冒険したりとか、



なんかスゲー楽しそうなんだけど、そこまでたどり着けませんでした(´・ω・`)



まぁまたそのうち気が向いたらガンバルかも?しれません…



ではまた(´・ω・`)ノシ

PageTop

ICARUS ONLINE

ICARUS_002.jpg


(´・ω・`) はいこんばんは、久々の更新ですね

今回、ICARUS ONLINE がストレステストを兼ねて、期間限定でオープンベータをやるってんで、

なんとなく参加してみました…


ICARUS_000.jpg


いえーい!!(´・ω・`)ノ ってことで、早速いつものアラゴルン似のキャラを作成して開始!!



まぁ、あちらのお国ではなにやらアクション重視のMMOが大流行で、「アビノギ」「B&S」に始まり次は「黒い砂漠」とどんどんそれ系のものが出てきています。


これもそれに近いものは感じるものの、それほどアクション色は強くない印象を受けたので、ちょっと気になってました(´・ω・`)


それに、「CryEngine」 も使ってるし、結構ちゃんと作られている印象を受けたのでちょっと気になってました(´・ω・`)

















ICARUS_001.jpg


うん、なんの変哲もない量産型MMOでした(´・ω・`)










まぁ、そのうち「これぞICARUS!!」というようなものが出てくるのかもしれませんが、もうなんか開幕から量産型!量産型!!量産型!!!と、ひつこいくらいに、これまで何度、謎のNPCの依頼で近くにいる100%勝てるザコを屠ってきたことか(´・ω・`) 何度開幕と同時に牢屋から脱獄したことか!!( ゚д゚ ) 


あとね、最初のチュートリアルで空飛ぶんだけど、全然気持ちよくない…なんだあれ…

正直、まだハクスラ量産型っぽい印象を受ける、ダーククエスト5 のが何百倍もおもしろかったわ(´・ω・`)

そっとアンインストールしましたとさ…

次この手ゲームやるとすると、黒い砂漠かな(´・ω・`)



おしまい

PageTop

FINAL FANTASY FESTIVAL 2014 TOKYO

ff14_fanf.png

(´・ω・`)ノ はい、皆さんこんばんは。

今回は、FF14 ファンフェス東京の内容を軽くパッチごとに箇条書きにしました。
なんかいろんなパッチの情報が錯綜しているので自分メモ用みたいなもんですね。

なお、赤字の部分は単に私が気になるとこをピックアップしてるだけね

────────────
■ パッチ 2.50

  ・パッチ名称「BEFORE THE FALL 希望の灯 PART 1」
  ・メインストーリー(前半)
  ・ヒルディブランド(完結?)
  ・新規インスタンスダンジョン
   ・幻龍残骸 黙約の塔
    ・モードゥナに竜と一緒に突き刺さってる塔のこと
   ・武装聖域 ワンダラーパレス
    ・マムージャも絡んでくる
   ・邪念排撃 古城アムダプール
    ・デモンズウォールが4体同時に出てくる
    ・他のIDとは違ったバトルのテンポで設計している
  ・クリスタルタワー:闇の世界
  ・闘神オーディン討滅戦
  ・ギルガメッシュ討滅戦
  ・????討滅戦
  ・フロントライン新ルール追加
   →既存のルールとは全く異なったもの
   →ルーレットにも対応しデイリーボーナスもある
   →アチーブメントも用意している
  ・エーテリアルホイール
  ・新たな製作レシピ
  ・現状非常に戦記が集め難い(松野)
   → 2.5 で戦記を大量に排出する(吉田)

────────────
■ パッチ 2.51

  ・ゴールドソーサー(マンダヴィル・ゴールドソーサー)
   ・リアルマネーは一切絡まない
   ・ゴールドソーサーポイント
    ・景品と交換出来る
    ・ゴールドソーサーポイントは一定額までしかギルで購入できない
    ・ゴールドソーサーの景品はマーケットに流すことは一切出来ない
     ※つまり、ギルの大富豪が来ても景品を簡単に手にいれることは出来ない
   ・景品
    ・一番高いポイントの男性専用装備のセッツアーなりきりセット
    ・女性はバニーガール
   ・トリプルトライアド
    ・FF8のゲーム内で実装されていた名作ミニゲーム
    ・NPCやプレイヤーと対戦することが可能
    ・初期リリースされるカードの種類は全80種類
     ・伝説級のカードがいくつか存在する(ディシディア系)
    ・カードの入手方法
     ・NPCと対戦してカードをGET
     ・ゴールドソーサーの景品
     ・ダンジョンやバトルコンテンツでも入手可能
    ・倒したNPCには倒したマークがつく
    ・プレイヤー同士が戦う大会も定期的に行われる
    ・FF14独自のルールも多数追加予定
   ・中はかなり広い
   ・ゴールドソーサーアクティブタイムイベント
    ・一定時間以内に所定の場所まで登れ!みたいなイベントが定期的に開催される
   ・フリースローっぽいもの
   ・ハンマー叩き?クロノトリガーであったやつ
   ・ギルちゃんパンチングマシーン
   ・UFO(モグ)キャッチャー
   ・サボテンダーくじ
    ・週に1回大抽選会が行われる
    ・番号は任意に決めれる模様
   ・チョコボレース
    ・今回は映像の公開はなかった
    ・ひなチョコボが貰えるのでそれを育てる
    ・ひなチョコボはエサによってステータスが変化する
    ・エサは景品もあるし、クラフターが作ることも可能
    ・種付けも可能なので、配合して新しい子供チョコボを産むことも可能
    ・FC内でチョコボレースイベントも可能
  ・ゾディアックウェポン続編
   →現状あるゾディアックウエポンからもう少しだけ強化が入るとのこと(光るのか?)

────────────
■ パッチ 2.52(?)

  ・パッチ名称「BEFORE THE FALL 希望の灯 PART 2」
  ・メインストーリー(後半)
  ・イシュガルド攻防戦

────────────
■ パッチ 3.0

  ・2015年春
  ・新たなストーリー”竜詩戦争編”開始
  ・レベルキャップ Lv50 → Lv60
  ・新種族
   ・アウラ 画像
  ・多数のインスタンスダンジョン
  ・新たなレイドダンジョン
   ・機工城アレキサンダー 画像
    ・ゴブリン族によって召喚された蛮神
    ・身体の内部からこれを滅する
    ・ノーマル/ハードの難易度を実装予定
     ・ノーマル難易度のイメージ
      ・侵攻編超える力15%くらいを想定
     ・ハード難易度のイメージ
      ・真成で物足りない人向け
      ・侵攻編の実装当初よりも難しい想定
    ・侵攻編をクリアしていなくても機工城アレキサンダーに挑むことが可能
   ・アイテムのロットの仕組みを変更する
    ・詳細な仕様がまだ決定していないから発表は出来ない
    ・ある程度ユーザーのほしいアイテムが渡るような仕組みを検討中
  ・多数の新装備/新クラフト
  ・新たな蛮族たちと蛮神
  ・フライングマウントの導入
  ・複数の新たなジョブの追加
   ・暗黒騎士(TNK) 画像
    ・クラスの概念は無し(最初からジョブとしてプレイ可能)
   ・占星術師(HLR) 画像
    ・星の力による回復魔法とカードを使う
    ・メイン武器は天球儀(の回りにカードが回っている)
    ・クラスの概念は無し(最初からジョブとしてプレイ可能)
   ・機工師(DPS) 画像
    ・銃での遠隔攻撃を軸に、銃の威力を強化させる
     「アタッチメント」や「タレット型」の
     フィールド設置式”機工兵器”を使って戦う
    ・メイン武器は銃
    ・クラスの概念は無し(最初からジョブとしてプレイ可能)
  ・蒼天のイシュガルドメインテーマ
   ・植松伸夫
  ・コレクターズエディション
   ・天野喜孝氏書き下ろし専用アートボックス
   ・「マウント:ドラゴン」のハイクオリティーフィギュア同梱
   ・インゲームアイテム
    ・フライングマウント”グリフィン”
    ・バロンヘルム(セシル暗黒騎士Ver)
    ・ミニオン:マメットカイン
  ・DirectX11対応クライアント無料配信
  ・ギャザクラにもゾディアックのような趣向のものがほしい(松野)
   → 3.0でギャザラートークン実装(吉田)
  ・LBがジョブ固有になる
   ・詩人は攻撃的なLBに変わる

────────────
■ その他

  ・シャードを掘るのが大変すぎるため、
   クリスタルやクラスタを割ってシャードにしたいんだけど(松野)
   →既にその件は開発で協議しているため前向きに検討する(吉田)
  ・FF14のIDを絡めたシナリオを松野が担当する可能性が浮上
  ・松野が属性システムを考案し吉田にプレゼン
   →開発で緊急会議を行う(吉田)
  ・ハード化されるIDの選定って何を基準に行っている?(ユーザー)
   ・IDには新生から生まれたものと、旧からあるものがある(吉田)
   ・旧はハード化を意識して作られていないので、ハード化するのにコストがかかる(吉田)
   ・旧のものをハード化するくらいなら新しいダンジョンを作った方が良いと思っている(吉田)
  ・DirectX11
   ・テッセレーション(ポリゴン分割)を使って海の波が表現されている
   ・鏡面反射表現(フローリングに家具やキャラクターが写りこむイメージ)
   ・集光表現を使って水の中の光の揺らぎがリアルに再現される
   ・SSAO(Screen Space Ambient Occlusion)によって暗い部分がより立体的に表現される
   ・凹凸の表現がより顕著になる(バンプとは別の技術っぽい)
   ・キャラクターは非圧縮テクスチャに変わる
   ・シガクニャン…(内容はPLLを実際に見て…)
  ・召喚が弱いんだけど(中村)
   ・召喚の燃費が悪いのと落ちた時の復帰が非常に辛い(中村)
   ・たまには皆に好かれることをしないとね…(吉田)
  ・ナイトもライオットで止まるのが辛い(中村)
   ・ハルオしかないとタンクスイッチした後タゲを取り返してしまうのが辛い(中村)
   ・3.0でレベルキャップが開放されるから…お察し下さい(吉田)
   ・ゴンダイがなんとかしてくれると思う(吉田)
  ・もう少しレアドロップ装備なんかを入れてくれるとおもしろくなると思う(日野)
   ・エーテリアルの仕組みはあるにはある(吉田)
   ・プレイするユーザーの総人口におけるサーバーに排出される装備品の
    増加を危惧している(吉田)
   ・ただ少し慎重になりすぎている部分もあるので今後前向きに検討する(吉田)
  ・昔のMMOによくあったパブリックな空間におけるダンジョンの偶発的な
   プレイヤーのコミュニケーションを楽しみたい(日野)

   ・昔と今では時代が違うので、昔受け入れられていた文化が今も通じるかどうかは
    かなり心配している(吉田)
   ・しかし、実はクリスタルタワーは当初の企画ではパブリックで
    いつでも誰でも入れる空間で、他のプレイヤーに魔法が当たったりなども
    許容する内容だった(吉田)
   ・それやりましょうよ!(日野)
   ・このままのシステムでは3年、4年続けていくのは難しいと思う(日野)
   ・3.0で予定している飛空挺の絡んだカンパニークラフトでこれまでのFF14にはない
    新しい遊びになる予定(吉田)

PageTop